【双子の妊娠】5つの不安と実際

我が家では第2子を希望する中で、無事に妊娠することができましたが、驚いたことに双子でした。

本来は喜ばしいことなのですが、双子の出産リスクや出産後の育児などに対する不安が先行し、本当に育てていけるのかという思いから、双子妊娠がわかったときは素直に喜ぶことができませんでした。

そこで、私が双子を妊娠したときに感じた5つの不安と、生まれてから実際にどうだったのかを記載しています。

正直、双子育児は大変ですが、多胎妊娠に対するママさんの不安を少しでも和らげることができれば幸いです。

目次

双子を妊娠したときに感じた5つの不安と実際

経済的不安

はじめに、経済的な不安です。

当たり前ですが、子どもの人数が増えると経済的な負担が増加します。食費をはじめ、日用品や教育費など子どもにかかる費用が負担となります。

例えば、我が家では双子の妊娠がわかる前に、第2子を見越し、保育園の送迎時にあると便利だと考えて、電動自転車を購入しました。結局、双子だったので、一度に子ども3人を自転車に乗せることはできないため、電動自転車の購入は失敗しました。

双子だとわかってからは、出産に備えて、双子用ベビーカーやチャイルドシート、ベビーベッドなどを新たに購入しました。また、車もコンパクトカーであったため、子ども3人分のチャイルドシートを乗せることができないことから、やむなくミニバンにも買い替えました。

事前に準備していたものが、双子の妊娠で役に立たなくなったりと、予想外の出費もありました。はやる気持ちを抑えて、もう少し時間が経ってから必要なものを判断して購入したらよかったと思います。

そして、実際に双子が生まれてから驚いたのが、紙おむつの消費量です。

1日の紙おむつの消費量が双子2人分で20枚ほどでした。新生児用の紙おむつが1パック98枚だったのですが、5日ほどで無くなってしまうことにびっくりしました。

ちなみに授乳については、母乳と粉ミルクを使い分けながらあげていたので、1か月で1缶ほどと、そこまで気になることはありませんでした。

単純に倍の費用がかかるものばかりではありませんが、思っている以上に出費はかさみます。

お住まいの地域によって異なるかと思いますが、自治体によっては、多胎児用のベビーカーや、チャイルドシートといった多胎児の育児グッズに対する購入補助の制度があったりします。対象となる制度がある場合には、ぜひとも活用してください。

身体的不安

つぎに、身体的な不安です。

一度に2人の赤ちゃんのお世話をする必要があることから、単純に育児の負担は倍になります。授乳やおむつ交換、寝かしつけなど双子のお世話に時間もかかり、また、同じお世話を2度する必要があります。

ワンオペになるようなときがあると容易に大変な状況が想像でき、本当にやっていけるのかと不安になりました。

我が家では、夫が約1年の育休を取ると言ってくれました。また、実家にも里帰りをし、私の母にも手伝ってもらうことができ、約2か月目までは育児を分担することができました。

それでも第1子と双子の3人のお世話は大変で、夫や母が用事などで不在になるときにはずっと慌ただしい状況です。夜泣きもひどく、双子が交互に泣いたり、そのせいで上の子が起きてしまったりと、なかなか眠れない毎日で、3時間おきの授乳もあっという間に来て、睡眠不足は当たり前でした。

上の子のお世話もあるなかで、双子もとなると、単純に人手が必要だと思いました。

頼れる家族がいる場合は頼る。状況によっては、家事支援やショートステイといった公的サービスの利用も積極的にした方がいいと感じました。

精神的不安

続いて、精神的な不安です。

こちらは身体的な不安と重なる部分が多いですが、ただでさえ赤ちゃんのお世話には余裕がないものです。特にワンオペのときや、上の子と双子が一緒に泣き出したときには心の余裕は立ち待ち無くなるのではと考えていました。

こちらについては想像以上で、やはり第1子のときよりも余裕がなく、イライラすることが多いです。

特に夜泣きでなかなか寝ないときや交互に泣かれて、私自身が全く眠れないときは、本当に早く寝て!という思いが強くなり、あやし方も雑になりました。自分自身の感情のコントロールがすごく難しくなりました。

身体的な不安と同様に、どれだけ支えてくれる大人の存在が必要で、大切か改めて実感したところです。頼れるところにどんどんと頼ってください。

出産リスク

多胎妊娠は、単胎妊娠に比べて早産や合併症などのリスクが高いと言われています。そのため様々なリスクの不安を抱えながら2人とも元気で生まれてくれるのか心配でした。

出産リスクが高いことから妊婦健診の回数が多くなり、通院による負担も増えます。また、出産する産院は、NICU(新生児集中治療室)などの設備を整えている医療機関になったりと、さまざま制限されることもあります。

私の場合も、大きい総合病院での出産となり、家から少し離れていたため、多胎の大きなお腹には通院もひと苦労でした。双子の羊水の量に差があったことから、出産の約4ヶ月前くらいから、週に1回ほど通院していました。

出産は、予定日よりも20日ほど早かったのですが、双子は約2,500グラムと約2,300グラムと無事に生まれてくれました。

上の子と関わる時間の減少

さいごに、双子の出産に伴う上の子と関わる時間の減少です。

双子のお世話にパパとママは手を取られ、上の子の相手が十分にできなくなるのではと不安に思っていました。

やはり、双子育児中は、上の子の相手が十分にできませんでした。

我が家でも、2歳児の上の子との時間をできるだけ確保しようと意識していましたが、それでも双子が同時泣きされると手が回りません。その上、双子育児ですでにヘトヘトです。

そのようなときに限って、上の子が甘えてくるのですが、抱っこなどをしてあげられず泣き出してしまう姿を見ると心苦しくなりました。

その分、上の子の相手ができるときには、思いっきり甘えさせてあげる対応をしています。

まとめ~それでもやるしかない。ちいさな命を守るために~

双子妊娠による不安と実際について記載してきましたが、そもそも育児自体楽なものじゃありません。双子なら、なおさらです。

育児は体力的にも精神的にも、経済的にも負担がありますが、私たちのもとに来てくれた可愛い赤ちゃんです。妊娠中は様々不安もありましたが、この子たちの命を守るために、「もうやるしかない!」と覚悟を決めました。

双子が生まれてからは、正直1日1日をこなすのでやっとです。私の場合は、幸い、夫や母のサポートもあるなかでしたが、それでも時間が経つのが本当に早く、記憶もあいまいで驚きます。

いかに独りで抱え込まずに、できるだけ複数人で育児ができる環境をつくれるかが大事だと思います。身近に頼れる人がいない場合は、行政サービスをどんどんと頼るべきだと感じます。ママの心身の健康が、赤ちゃんの健やかな成長につながるからです。

それでも大変な双子育児ですが、赤ちゃんのふとした寝顔や小さな手で私の指を一生懸命に握ってくれる姿などを見ると、ささやかな喜びや幸せを感じます。

日に日に少しずつ大きくなっていくことを感じながら、これからも夫とともに育児を頑張っていこうと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次