【大満足】双子の出産で車を買い替えることになったため車買取MOTAを利用してみた結果

我が家では2人目に双子を妊娠したことから、第1子と合わせて一気に子どもが3人になりました。

元々、コンパクトカーを所有していたのですが、荷物が増えることやチャイルドシート3人分の設置は難しいことなどを踏まえて、車を買い替えることに。

車を買い替える際に、所有していたコンパクトカーは、MOTAを利用して売却したところ、大満足の買取り額で売却することができました。そのため、初めてMOTAを利用した感想などをまとめてみました。

これから車を売却したいと考えている方、少しでも高く車を売りたい、売却の手間はできるだけ少なくしたいと考えている方の参考になれば幸いです。

目次

MOTAで大満足して車が売れた

結論から言うと、MOTAを利用して良かったです。

我が家では、以前、一括査定を利用して車を売却したことがあったのですが、その際に8社ほどに申し込みをしました。申し込み直後から電話がひっきりなしにかかってきて、どこの買取店とどのような話をしたのかわからなくなったり、現車確認のスケジュール調整、買取額の交渉などのやりとりに困った経験があります。

そのような苦い経験があったため、一括査定ではなく、対応する買取店が限られるMOTAを初めて利用してみることにしました。MOTAでは概算査定段階ですが、査定額の上位3社(最大)のみとのやりとりができ、電話対応などが楽でした。

そのため、現車確認のスケジュール調整もすぐに終わり、車を買い取ってもらうまでスムーズに終えることができ、また、納得の買取額で車を売ることもできました。

MOTA車買取の特徴

MOTA車買取は、車の買取サービスの1つです。
一般的な車買取サービスの一括査定では、現車確認をしてからでないと査定額が提示されません。

一方、MOTAでは、事前査定方式を採用し、Web上で入札のあった買取店からの概算査定額を確認でき、査定額が高い上位3社(最大)のみとやりとりができます。また、上位3社以外に気になる買取店があれば追加で選ぶことも可能です。

そして、連絡先などの個人情報は、上位3社および追加で選んだ買取店のみにしか開示されません。

なお、事前査定方式とは、買取りしてほしい車のメーカー・車種、年式や走行距離などの情報をもとに、現車確認前に概算査定額を提示するものです。

そのため、現車確認前に買取希望店の概算査定額を知ることができ、売りたい車の相場もあらかじめ把握することができます。

MOTAを利用した理由

少しでも車を高く売りたい。だけど手間はそれほどかけたくない。という思いから利用しました。

なぜ車買取の一括査定を利用しなかったのかというと、以前に一括査定を利用したことがありましたが、申し込み直後から電話がひっきりなしにかかってきたため、対応に苦慮したからです。そのため、一括査定を利用することを考えていなかったものの、どういう方法で車を売ろうか悩んでいました。

買取り店舗を複数社まわって比較するのも面倒ですし、オークションだと成約手数料がかかる場合もあり、勿体ないとも感じていました。

そのようなときに、MOTAを知り、利用することにしました。

MOTAの利用方法

MOTA の利用方法は至ってカンタンです。

MOTA の公式ページから買取査定依頼フォームに、売りたい車の車種や年式、走行距離などを入力して申し込むだけ。(必要に応じて、車の写真も添付することができます。)

申し込み翌日の18時に入札のあった買取店からの概算査定額がWeb開示されます。

なお、開示までの間に、入札があった買取店の情報が登録したメールアドレスに送られて来ますので、進捗も把握でき、安心です。

最大20社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

MOTAを利用した結果の査定額&買取額

我が家の場合、入札があった買取店は3社でした。査定額の上位3社(最大)のみとのやりとりですが、入札があった買取店が3社でしたので、そのままやりとりとなりました。

申し込み翌日18時開示の概算査定額は以下のとおりでした。

  • A社 25万円から35万円
  • B社 25万円から40万円
  • C社 30万円から35万円

現車確認前なので、査定額に幅があるようです。

申し込み翌日18時の開示があった数分後には、入札のあった買取店1社から電話があり、残りの2社も同日中に連絡がありました。

電話では、キズや事故の有無など簡単な車の状態を聞かれ、3社と現車確認のスケジュールを調整しました。我が家では、現車確認を3社別々にするのは面倒だったため、3社とも同じ日時で一緒にお願いしました。

そして、現車確認後の最終買取額は・・・

なんと、73万円!!

事前の最低概算査定額25万円から48万円もUPし、大満足の買取をしてもらうことができました。

MOTA を利用して感じたメリット

我が家でMOTAを利用して感じたメリットは以下のとおりです。

  1. どんなに入札が多かったとしても、最大3社のみとのやりとりになる。
  2. 上位3社に入らないと交渉できるテーブルに立てないため、買取店の査定額アップを狙える。
  3. 事前にWeb上で概算査定額を把握できる。

1つ目は、どんなに入札が多かったとしても、やりとりするのは、基本的に最大3社までなので、煩雑になることなく、スケジュール調整など比較的スムーズにやりとりを進めることができます。

2つ目は、最大3社までしかやりとりができないので、買取店からすれば、査定額をアップしなければ交渉できる3社の枠に入ることができないため、最初から査定額のアップが狙えます。

3つ目は、申し込み翌日の18時にWeb上で、概算査定額を確認でき、相場感を事前に把握することができます。

MOTA は、売り手側の負担を軽減しつつ、高い買取額を狙える仕組みだと感じました。

MOTA を利用して感じたデメリット

我が家でMOTA を利用して感じたデメリットは1つだけです。

入札のあった買取店数が思っていたよりも少なかったという点です。

最大20社から概算査定額の上位3社とのみやりとりができるMOTAですが、そもそも入札数が少なければ、上位3社のみとやりとりができるという強みを生かせません。

これについては、車種や地域によって、偏りがあるもので、仕方がないとも思いました。仮に査定額に納得できない場合は、売却は任意であるため、キャンセルも可能です。

まとめ

初めてMOTA を利用しましたが、利用満足度は高く感じました。

MOTAのメリット

  1. どんなに入札が多かったとしても、最大3社のみとのやりとりになる。
  2. 上位3社に入らないと交渉できるテーブルに立てないため、買取店の査定額アップを狙える。
  3. 事前にWeb上で概算査定額を把握できる。

MOTA のデメリット

  1. 車種のや地域によって、入札する買取店数が少ない場合がある。(3社を下回る場合がある)

デメリットに比べて、メリットの方が多く、利用してみる価値は十分にあると思います。我が家でも、次の車を買い替える際には、また利用してみたいと考えています。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次