【これがあると便利】3児のママが使用する育児グッズ10選

上の子2歳、双子0歳の3児のママが使用して便利だと思った育児グッズ10選をご紹介します。

育児中は、本当にバタバタの毎日で、大変ですよね。そのため、少しでも楽に、快適に育児を行いたいという思いが常々あります。

そんな中で、私が実際に使用してみて、便利で良かったと思ったものをまとめています。

育児中の方やこれから育児される方にちょっとでも楽に、快適に育児ができるよう、少しでも参考になれば幸いです。

目次

3児のママが使用する育児便利グッズ10選

ベビーモニター

赤ちゃんが寝ている部屋から離れる場合に、ベビーモニターを使用しています。

赤ちゃんが寝て、リビングでご飯を食べる際などには、離れていても赤ちゃんの様子を確認できるため安心で便利です。また、上の子が部屋で遊んでいるときにも、今何をしているのか、ベビーモニターのカメラを動かしてこっそり確認しています。

ベビーモニターの機種にもよるかと思いますが、我が家で使用しているPanasonic のベビーモニターの場合、赤ちゃんが動いたり、泣いたりしたらモニターが反応し、自動で画面に映し出されます。

また、部屋が暗い場合でも、暗視モードが備わっているので、きちんと映っており、どういう状態か確認ができます。

あと、我が家ではあまり使っていませんが、ホワイトノイズなどの子守唄機能もあり、赤ちゃんをあやすことも可能です。

バウンサー

赤ちゃんをあやす際に、助けてくれる便利グッズです。

赤ちゃんがグズった際に、抱っこしてあやすのが1番ですが、上の子のお世話や家事で手が離せないときなどに使用しています。完全に泣き止むことは難しいですが、それでも赤ちゃんの気を紛らわすことは少しの時間なら可能です。うまくいけばそのまま寝てくれるときもあります。

また、バウンサーは、角度を調整できるので、吐き戻ししそうで苦しんでいるときなどには、角度をつけてあげることで楽になるときがあります。

我が家では、上の子のときから使用していますが、上の子にバウンサーを使っていた当時は、自分でぶんぶんと身体を揺らすことができて、喜んでいました。

ベビーゲート

キッチンまわりや階段付近など、危ない箇所に子どもが行かないようベビーゲートを使っています。

子どもが動き回るようになると、動き回れる範囲を区切れるので便利です。階段付近など行ってもらいたくない場所の通り道にゲートを設置することで、子どもを危険から守ってくれるので安心です。

扉の開け閉めが少し面倒ですが、取り付けも自体は簡単で、少しの間、目を離していても大丈夫なのは助かります。

おむつバケツ&パン袋

おむつバケツ

毎日出る使用済みの紙おむつを捨てるゴミ箱で、大活躍するのがomnioutil(オムニウッティ)です。
使用済みの紙おむつはとにかく臭いが気になります。その紙おむつの臭いをしっかりと閉じ込めてくれるのが、このomnioutilです。

我が家も、上の子のときから使用していますが、このゴミ箱でないと臭くてたまりません。見た目も可愛らしい色合いで、ゴミ箱っぽくないのも好きです。

我が家では、おむつ交換した際に、すぐにおむつを捨てられるようリビング用と寝室用で2個使っています。

ただ、臭いをしっかりと閉じ込めてくれるゴミ箱ですが、ゴミ箱自体に臭いが付いてしまうので、定期的に換気するなどの対策はした方が良いと思います。なお、我が家では、後述するパン袋で対策をしています。

また、ゴミ箱の役目を終えたとしても、おもちゃなどの収納としても使え、長く使用できます。

我が家では、電灯の交換などのちょっとした踏み台としても活躍し、助かっています。耐荷重が150㎏あるので、大人が乗っても大丈夫です。

パン袋

こちらも紙おむつ関係になります。
ウンチした場合には、臭い対策でパン袋を使用しています。

パン袋は臭いを通しにくいようで、実際に使ってみても臭いをしっかりと閉じ込めてくれます。先程のomnioutilのゴミ箱との合わせ技で、ウンチの臭いも漏れません。

また、旅行先など外出先でも、パン袋を使用することで、紙おむつの臭い対策にもなります。

我が家では、2歳の上の子のウンチにパン袋を使っています。上の子は、Lサイズの紙おむつを使っていますが、パン袋1枚に紙おむつ2つ入れて、パン袋の口を縛って捨てています。

パン袋の口をガムテープなどで止めれば、パン袋1枚に紙おむつ3つを入れることも可能です。

ストローマグ&ストラップ

家でも外でも活躍するストローマグ。飲み物がこぼれにくく、持ち運びにも便利で、助かっています。

我が家で使用しているストローマグは、容器内のストローの先部分が動くタイプのものを使っています。容器内のストローの先がオモシのようになっていて、ころころと転がるので、どの角度からでも最後まで飲み切ることができるのがオススメです。

また、外出時に、子どもがストローマグを落としてしまわないように、ストローマグには落下防止のストラップも使っています。
上の子は、飲み終わるとストローマグをよく放り投げてしまうので、ストラップで対策しています。

授乳クッション

授乳をする際に赤ちゃんを抱くと腕や腰に負担がかかります。そのため、授乳クッションを使用しています。

授乳時には、クッションの上に赤ちゃんを乗せて、頭だけを支えてあげば良いので、腕も楽で、腰への負担も軽減されます。

クッションを両サイドにそれぞれ使えば、双子を一緒に授乳することも可能です。
ただし、授乳クッションを使って、双子を一緒に授乳する際は、1人では双子を抱き上げたりすることができないため、赤ちゃんの位置調整などをしてくれるお手伝いがもう1人必要です。

哺乳瓶補助クッション

ミルクをあげる際に、哺乳瓶を固定してくれるクッションです。

我が家では、双子が生まれるまでは使っていませんでした。上の子1人のときは不要だったのですが、さすがに双子が生まれると、ワンオペのときなどは当然、手が足りません。

しかも、ミルクをあげる際は、赤ちゃんに付きっきりになるので、身動きが取りづらく、上の子のお世話が疎かになってしまいます。

そのため、双子のミルクの際でも身動きが取れるように使用しています。きちんと飲めているか、確認する必要がありますが、他のことができるのは助かります。

1つだけ気になる点としては、クッションのバランス調整が少し難しいことです。クッション自体がすごく軽いので、もう少し重みがあれば安定させやすいのになと思っています。

ナイトライト

夜間のおむつ交換のときに、使用しているライトです。
おむつ交換の際に、明るさで赤ちゃんの眠りが浅くならないように、パパ・ママの手元だけを照らすために使っています。

ライトの明るさや色の調整は、ライトの上部をぽんぽんと叩くことでできます。ぽんぽんと叩くたびに色が変わることから、我が家では、ぽんぽんライトと呼んでいます。

このぽんぽんライトは、色が変わって楽しいのか2歳の上の子のおもちゃにもなっています。

鼻水吸引器

鼻が詰まった際に、使用するのに便利なのが鼻水吸引機です。我が家では、ちぼじを使っています。

赤ちゃんがミルクを吐き戻す際に、鼻まで上がってくることが多く、息苦しくて泣くときがよくあります。そのようなときに生理食塩水を鼻に入れ、鼻くそをふやかしてから、ちぼじで吸引しています。

吸引は手動で、ポンプを引いて行います。そのため、無理な吸引にならず、赤ちゃんの様子を見ながら吸引を行うことができます。

気になる点は、吸引口は丸みがあり、少し大きいため、赤ちゃんの小さな鼻の穴に吸引口がうまく当たらず、吸引ができないことがあります。

哺乳びん除菌器

哺乳びんの消毒の際に使用しています。消毒方法はスチーム除菌になります。

洗った哺乳びんを容器に入れ、決まった容量の水も入れて、レンジで5分間チンしておしまいです。手間が少なく便利です。

少し気になる点は、容器の収納が小さく感じます。
100mlの哺乳びんだけであれば、6本分は入れることができますが、哺乳びんの口部分は専用の容器に入れるため、一緒に消毒するとなると、哺乳びんは3本分しか入れることができません。

上の子1人のときは良かったのですが、双子になると哺乳びんを使う回数が増えるので、もう少し収納量を増えれば良いなと感じています。

まとめ

以上が我が家で使用して便利だと感じた育児グッズ10選です。

我が家でも1人目のときは付きっきりで育児していましたが、双子が生まれると物理的にもできなくなります。そのため、「楽にできるところは、楽をする」を心掛けています。

育児は大変ですが、育児グッズを効果的に使うことで、少しでも楽に、気持ちに余裕を持って、育児することができるようになると思います。
ママやパパに少しでも気持ちに余裕があることが、子どもにとっても良い影響につながると思うので、使えるものはドンドン使っていきましょう。

他にもおすすめしたいと思った育児グッズがあれば随時発信していきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次