【エアコンの節電対策】エアコン室外機カバーを取り付けてみた

我が家は、子どもがまだ小さいこともあり、エアコンの使用を控えるのも難しく、電気代も高騰するなか、少しでも節電できないかと考えました。

そこで、手軽に取り付けできそうなマグネット式のエアコン室外機カバーを購入し、対策することに。

そもそも効果があるのか、エアコンの仕組みも踏まえながら、室外機カバーを取り付けてみた感想をまとめています。

エアコンの節電を考えている方、マグネット式の室外機カバーってどうなの?と思っている方の参考になれば幸いです。

目次

エアコン室外機カバーで節電

エアコン室外機カバーの効果

電気代も上がるなかで、少しでも節電できないかとエアコンの室外機カバーを取り付けることにしました。節電になる、冷房効率が増すなど聞いたりしたことがありますが、はたして本当にそうなのか、まず確認していきます。

政府広報オンラインには、つぎのような記載があります。

室外機に直射日光が当たると、室外機が温まり冷房効果が低下します。できれば植木やすだれなどで日陰を作るようにしましょう。

節電をして電気代を節約しよう!手軽にできる節電方法とは?/政府広報オンライン
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/202208/1.html#thirdSection
出典:政府広報オンライン

やはり、エアコンの室外機に直射日光があたって、室外機が温まることは、冷房効果に悪影響があるようです。室外機が直射日光で温まりすぎないように、日陰をつくることは効果的なことがわかります。

エアコンの仕組み

そもそもエアコンはどうやって涼しい空気を出すのでしょうか?エアコンの仕組みについて、知っているようで知らない方もいらっしゃると思います。私自身も考えてみるとよく知りませんでした。

まず、エアコンそのものについて、空調メーカーのダイキン工業株式会社によると、

エアコンというと、部屋の壁に取付けられていたり、家電量販店で展示されている「室内機」の姿をイメージする人が多いと思います。しかし、エアコンは「室内機」と「室外機」の2つがセットで1つのエアコンとなります。

「室外機」の周辺環境を見直して省エネで快適な夏を過ごそう/DAIKIN(https://www.daikin.co.jp/-/media/8DC73F34D50A4492B0BCA730BA972ABC.ashx

私自身、エアコンというと室内機のイメージを持っていました。室内機がメインで室外機がサブ的な感じ。しかし、室内機も室外機も2つ合わせてエアコンとして構成されているとのことで、言われてみればそうだなと納得しました。

そして、エアコンが部屋を涼しくする仕組みについて、引き続きダイキン工業株式会社によると、

仕組みは、まず室内機が部屋の空気から熱を取り除き、熱が取り除かれた涼しい空気を室内機が再び部屋に送り込みます。これを繰り返すことで、どんどん部屋の空気は涼しくなっていくというわけです。
室内で取り除かれた熱を運んでいるのは室内機と室外機を結ぶパイプを通っている「冷媒」と呼ばれる物質です。取り除かれた熱はこの冷媒に乗せられて運ばれ、室外機で屋外に放出されます。そのため室外機周辺の外気温が何らかの原因で高くなりすぎる(外気温と冷媒の温度差が小さくなる)と、冷却効率が低下してしまい、エアコンの「効き」が弱くなってしまうことがあるのです。

「室外機」の周辺環境を見直して省エネで快適な夏を過ごそう/DAIKIN(https://www.daikin.co.jp/-/media/8DC73F34D50A4492B0BCA730BA972ABC.ashx

エアコンの室内機は涼しい空気だけを出していると思っていましたが、室内の熱い空気も取り除きながら、涼しい空気を出していたことに驚きました。空気が入れ替わりドンドンと涼しくなる訳ですね。

マグネット式エアコン室外機カバーを取り付けてみた

それでは、室外機カバーと取り付けていこうと思います。

さまざま種類がある室外機カバーですが、
我が家では、カンタンに取り付けができるマグネット式の室外機カバーを購入しました。(マグネットは8つ付いています)

【mitas エアコン室外機カバー 1,280円】

パッケージ表
パッケージ裏

取り付け方法はものすごくカンタンです!室外機カバーを広げて、室外機に取り付けるだけ。

取り付ける室外機の上部は、念のためきれいに拭いて、

室外機カバー装着前

室外機のサイズに合わせて、取り付け。

室外機カバー装着後

マグネットなので、すぐに取り付けが終わりました。

取り付けしてみて感じたことは、
値段も安く、取り付けもカンタンにできるのが、良い点です。

一方で悪い点としては、マグネットのくっつきが思っていたより弱いです。
少し強い風が吹くと室外機カバーが飛ばされてしまいそうなので、風が強い日は取り外した方がいいかもしれません。

まとめ

節電のため、エアコンの室外機カバーを取り付けてみました。

マグネット式の室外機カバーは本当に簡単に取り付けができました。
値段が安く、手軽に室外機カバーを取り付けたい方にはおすすめです。

ただ、マグネットのくっつきが思っていたより弱いので、風で飛ばされないか心配です。
風が強い日は取り外すなどの対策も含めて、しばらく様子をみていきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次