【子どもの映画館デビューにおすすめ】『シナぷしゅ THE MOVIE ぷしゅほっぺにゅうワールド』を観た感想(ネタバレなし)

2歳の上の子が、0歳のときからお世話になっていたシナぷしゅ。

我が家では、上の子がシナぷしゅに一時期興味を示さなくなったこともあり、しばらく見せていませんでした。しかし、物事が少しわかってきたおかげか、久しぶりにシナぷしゅを見せると興味が再燃。

そんな中で、映画化ということで、上の子の映画館デビューも兼ねて観に行ってきました。

映画シナぷしゅは、子どもが映画館デビューしやすいように、様々配慮された環境を整えていて、安心して観ることができます。

映画自体のネタバレはナシで、そのときの感想などをまとめています。

目次

『シナぷしゅ THE MOVIE ぷしゅほっぺにゅうワールド』で子どもの映画館デビュー

そもそも「シナぷしゅ」とは

「シナぷしゅ」は、テレビ東京系列にて2020年4月からレギュラー放送されている0歳から2歳向けの番組になります。

テレビ東京の公式サイトによると、

『番組名の由来となっている「シナプス」とは、脳の神経細胞と神経細胞にあるつなぎ目のこと。

脳の神経細胞は、成長によって「増える」のではなく、シナプスによって「つながる」ことで発達します。

適切な刺激でシナプスをどんどん増やし、脳の発達につながる、そして赤ちゃんの世界が「ぷしゅっ」と広がり、赤ちゃんを育てるすべての人の肩の力が「ぷしゅ〜」と抜ける、それが「シナぷしゅ」です。』

シナぷしゅって?/テレビ東京(https://www.tv-tokyo.co.jp/synapusyu/intro/

「シナぷしゅ」のコンセプトを初めて知りましたが、赤ちゃんにも、赤ちゃんを育てる人にも想いを持って、制作されている番組なんだなと感じました。

映画シナぷしゅの料金

5月19日(金)から全国ロードショーされているシナぷしゅの映画ですが、料金が一般の映画と異なります。0歳から大人まで、一律1,000円(税込)です。

我が家では、上の子だけを連れて行きましたので、大人2人、子ども1人の家族3人で3,000円でした。

0歳から料金がかかるのかとも思いましたが、一般的な映画料金だと大人2,000円程ですので、まあそんなものかなと感じました。

映画シナぷしゅの入場者特典

映画シナぷしゅには、小学生以下の子どもを対象に数量限定で入場者特典があります。

  • 第一弾として、ぷしゅぷしゅタンバリン。(5/19(金)〜)
  • 第二弾として、映画館デビュー記念カード。(6/2(金)〜)

※いずれも先着配布ですので、すでに配布終了している場合があります。

我が家では、ぷしゅぷしゅタンバリンをもらうことができました。上映中は、終始タンバリンの音が至るところで聞こえ、賑やかでした。

特典でもらった「ぷしゅぷしゅタンバリン」

映画シナぷしゅの上映環境

0歳から映画館って大丈夫なの?と思うかもしれませんが、大丈夫です。

この「シナぷしゅ THE MOVIE」は上映環境に配慮されています。

  • 上映中はやさしい照明・音量
  • 番組おなじみのキャラクターが登場し、0歳から楽しめる構成(最後には写真タイムもあり)
  • 泣いても大丈夫な安心できる環境
  • 作品自体の上映時間は約40分

照明は暗すぎず、音量もやさしいものでした。また、泣いても大丈夫との案内もあり、最後まで安心して観ることができました。

映画シナぷしゅの入館者の状況

我が家が映画を観に行ったときは、さすが0歳から2歳向けの番組なだけあって、映画を観に来ているお子さんは1歳くらいまでの子が大半でした。

そのため、グズったり、じっとしていられない子も多く、ママ・パパたちは空いている端の方の席や後ろの席に移動し、あやしながら観ている家族もいました。

同じような家族が多いことから、泣いても安心して観ることができる環境です。

映画シナぷしゅを観て感じたこと

映画を観終えて感じたことは、子どもと保護者に安心して、楽しく映画を観てもらえるように配慮されている点です。

照明や音量、泣いても良い環境、短めの上映時間など、子どもの初めての映画館に適したものになっているなと思いました。

また、新キャラクターである「にゅう」の声優として玉木宏さんが登場するなど、大人も興味を持って観ることができる作品でした。

最後には、シナぷしゅが写し出されたスクリーンを背にした写真タイムもあり、映画デビューの記念の1枚を撮ることもできて良かったです。(撮影できる時間も十分にありました。)

ただ、1点だけ気になることは、本編上映までの予告映画が長いことです。
仕方がないのかもしれませんが、一般的な映画と同じく、約10分ほどの予告映画が流れます。

これでは、0〜2歳児といった小さいお子さんだと本編上映まで待ちきれません。本編が始まるまでの間、保護者も子どもをあやすのに大変です。

せっかく小さい子どもたちが楽しみにしている映画なのに、なかなか始まらないのはどうなのかなと感じました。

そのため、対策として、上映開始前から着席するのではなく、上映開始からしばらくして着席する方が良いかもしれません。

まとめ

シナぷしゅ好きなら、子どもの映画館デビューとして、安心して観ることができる『シナぷしゅ THE MOVIE ぷしゅほっぺにゅうワールド』はオススメです。

あとあと知りましたが、映画のパンフレットが絵本仕立てになっていたようです。買っても良かったかなと少し後悔。

それでも、上の子の映画館デビューができ、大満足でした。

ぜひ一度、子どもの映画館デビューに足を運んでみてはいかがでしょうか。

映画公式サイト:(https://www.tv-tokyo.co.jp/synapusyu_movie/)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次